本態性高血圧

高血圧の種類一般的に高血圧と呼ばれているほとんどが本態性高血圧という疾患です。本態性というのは原因不明という意味を持っているので、 原因が分からない高血圧ということを示しています。飲酒や喫煙のしすぎなどこれといった症状が見当たらないのに高血圧の診断を受けた方に対して言ってします。

環境的な要因も複雑に絡み合って発症するため、高血圧と診断された約9割が本態性高血圧となっているのです。 これに対して疾病原因がはっきりとしている高血圧を二次性高血圧とよびます。環境的な要因のため、自分で生活習慣等を改善することで高血圧の症状をよくすることができます。 その点に至っては他の原因による高血圧よりは安全性が高いといえるでしょう。

基本的には生活習慣の改善等による非薬物療法とそれで間に合わなかった場合の薬物療法の2つの治療法があります。 ほとんどの場合は非薬物療法で生活改善していくことで解決への糸口が見つかるパターンが多いのでまずは自分の生活を見直してみることから始めてみましょう。

日ごろから塩分の多い食事をしている、運動不足で肥満気味、ストレスに常にさらされている、喫煙や飲酒を大量にするという方は本態性高血圧になりやすいです。 また、家族に高血圧がいるという方も体質的に高血圧になりやすい可能性があるので注意する必要があるでしょう。

本態性高血圧の場合、原因がはっきりしないこともあり、放置するケースも多いです。 しかし放置すると自覚症状のないままに合併症などを引き起こしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

二次性高血圧

生活習慣などではなく、何かの病気が原因であるといったように原因がはっきりとしている高血圧を二次性高血圧と呼んでいます。 比較的若い世代に見られる症状で、治療が不要なタイプもあるので、自分の高血圧が何なのかという点をはっきりさせておいた方がよいでしょう。

二次性高血圧は日本ではかなり稀な症状といわれており、全高血圧患者の10%程度しかいません。特徴として多いのが腎性高血圧です。 その他には内分泌性高血圧、心臓・血管性高血圧、外因性高血圧などがあります。また、妊娠中に起こる高血圧である妊娠中毒症も二次性高血圧の一つと呼ばれます。

例えば腎性高血圧の場合は腎臓に続く血管の動脈が狭くなることによって発症します。内分泌性高血圧の場合は一時的に血圧を上昇させるホルモンが大量に分泌されることによって起こるのです。 これらの原因を特定することによって治療が可能なので、ある意味では原因が分からない本態性高血圧よりも治療がしやすいといえるでしょう。 特に腎性高血圧の場合は臓器自体が血管で覆われているため、血流の影響を酷く受けやすいのです。

医師の診断によって治療法が決定するので自覚症状がある場合にはすぐに受診するようにしましょう。二次性の場合には高血圧の前にそれぞれの疾患による症状が発症しているはずなので、 高血圧に対する予防もできるのです。降圧剤で下げる場合には薬の飲み合わせがあるので必ず医師の診断を仰いで下さい。 自分の症状を説明し、医師と相談しながら治療を進めていきましょう。