妊娠高血圧とは?

妊娠高血圧妊娠中に注意した症状の一つに妊娠高血圧があります。これは妊娠中毒症とも呼ばれるもので、約1割の妊婦に発症するといわれています。 特に妊娠8ヶ月以降の後期に発症しやすいので注意が必要なのです。

妊娠高血圧は高血圧、むくみ、尿たんぱくのどれか一つでも当てはまるものがあれば診断されることがあります。 ただし、むくみは全妊婦のうち3割に見られる症状のため、むくみだけの場合は妊娠高血圧ではない可能性が高いです。

原因についてはまだはっきりとわかっていませんが、妊娠という事態に身体が上手く対処できなかった方がなるとも言われています。 早めに対処することが大切で、処置が遅れると母体にも胎児にも危険が及びます。

主な症状としてはむくみがあります。普段身体の水分は循環を繰り返し排出されていますが、むくみは上手く排出されずに特に下半身に溜まった状態になります。 一晩立てば普通は改善されるのですが、それでも改善されなければ受診が必要です。それから高血圧としては最高で140以上、最低でも90以上あれば危険な状態だといえます。 健康な身体であればたんぱく質は腎臓で分解されるため尿に漏れ出すことはありません。腎臓の機能が落ちているとそれが起こってしまいます。

腎臓の機能が鈍るということは身体の代謝機能が正常ではないということになり、大変危険なのです。これを測るのが尿たんぱくの数値で、 マイナス、プラスマイナス、プラスの3種類で表現されます。基本的に肥満気味の方や35歳以上の高齢出産の方、 元々糖尿病や高血圧などの疾患を持っている方に現れやすいので十分に注意しておきましょう。