若年性高血圧とは?

若年性高血圧高血圧というと高齢の方の疾患だと思っている方が多いですが最近増えているのが若年性高血圧です。 35歳以下で最大血圧が140以上、最低血圧が90以上ある場合には若年性高血圧の可能性が高いです。

若年性高血圧の場合、自覚症状がない方がほとんどです。頭痛があったとしてもストレスだと思ってしまったり、 疲れやだるさを感じても仕事が忙しいからだと思ってしまうのです。また、主な原因としてホルモンバランスの乱れというのも特徴の一つです。 人は思春期から20代後半にかけてが成長期にあたるため、ホルモンバランスが乱れた状態になります。年を重ねれば重ねるほどに整っていきますが、 20代後半というのは最終段階にあたるため、高血圧症状を伴いやすいのです。

一過性の場合が多いのでそれほど気にする必要はありませんが、生活習慣などが乱れているとそのまま本態性高血圧に移行してしまうケースもあります。 血圧が時々高くなったり正常に戻ったりということを繰り返しているため、体調が不安定になります。それからその状態が長く続くと動脈硬化が起こったり、 心筋梗塞、脳梗塞を発症する可能性もあるので注意はやはり必要だといえるでしょう。

また、最近では欧米化した食生活などにより肥満になりやすい傾向にあります。塩分の取りすぎは高血圧を発症させてしまうので、 普段からカリウムの多い野菜を積極的に摂取するようにしましょう。そして適度な運動やストレス解消も行なうようにしましょう。