高血圧と頭痛

高血圧と頭痛高血圧の方はよく頭痛を訴えています。一見するとあまり関連性のないように思える二つの症状ですが、特別血圧が高いというほどの方でなくても、 長期間放置しておくことによって頭痛といった症状が起こることがあるようです。

頭痛が起こる原因については今のところはっきりはしていません。ただ、血圧が上がると脳内に一気に血液が流れ込むため、それが神経を刺激し、 痛みを起しているのではないかといわれています。
これは朝起きた時に頭痛を感じるのと似た症状だといえます。朝起きると脳内に溜まっている炭酸ガスを抜こうとして急激に脳に血液が流れ込みます。 これが神経を圧迫して痛みを生じさせているのです。

血管と神経とは密接に関わり合っているため、高血圧だけでなく他の疾患にも注意しなければなりません。 また、頭痛というのは高血圧でなくても他の疾患でも起こりうる症状です。そのため、頭痛を感じたからといってすぐに高血圧に結びつけるのはやめた方が良いでしょう。

普段であればそれほど気にならない頭痛でも高血圧になっている原因によっても頭痛が起こったりします。 例えば重度の腎臓障害や妊娠中毒症など生命に危険を及ぼすこともあるので、そういった時には放置せずにすぐに病院を受診するようにしましょう。 このような場合には事前に症状がある程度でているはずなのでそれを見逃さないようにしましょう。早めの治療を行なうことで症状を軽くすることもできるからです。