高血圧の合併症

高血圧の合併症高血圧にはそれ自体の症状だけでなく、それによって引き起こる合併症が起こることがあります。 合併症は自覚症状がないまま重度になるケースも多いので十分に注意したいものです。

部位別に見てみるとまず脳に起こる合併所としては脳出血や脳閉塞があります。 脳に急激に血液が送り込まれることによりコブ状の動脈瘤が破裂して脳出血となります。特にくも膜下出血は致死率が高いので注意したいものです。 朝起きた時の頭痛が続く方や急激な頭痛を感じた時にはすぐに受診するようにしましょう。

脳閉塞は血管の中に血栓が詰まり、血流がスムーズに流れなくなったために、脳に栄養分や酸素が送られなくなって起こる症状です。 細胞が壊死するため緊急性が高く、致死率も高い合併症です一命を取り留めても半身麻痺や言語障害などの後遺症が残る可能性が高いです。

心臓の合併症としては狭心症、心筋梗塞などがあります。狭心症は心臓に血液を送っている血管に動脈硬化が起こり、 一時的に酸素や栄養素が送り込まれなくなるために起こる症状です。発作が起こることで心筋梗塞に繋がるので、胸部に痛みを感じたり、 息苦しくなることがあればすぐに受診した方が良いでしょう。早期対策によってきちんと治療することができます。

その他にも腎臓や目、脚などにも合併症が起こる可能性が高いです。血圧が一時的に高まったり、動脈硬化によって血栓ができてしまうことに理由があるのです。 また糖尿病を併発することもあるので十分に注意しなければならないのです。