高血圧とアルコール

 

高血圧とアルコールアルコールには一時的に血圧を下げる作用があります。しかしそれを信じて毎日にように飲酒を続けていると反対に血圧を上昇させてしまい、 慢性的な高血圧を発症してしまうのです。これは毎日飲酒しない方に比べると10歳以上も年上の血圧数値になることを差しています。

アルコールによって血圧が上昇する理由としてはまず血管の収縮作用があります。収縮作用が起こって一時的に血管が狭くなるので、 その時点での血圧が上昇するのです。繰り返すことにより動脈硬化等を引き起こす危険性もあります。

それから交感神経の活発化があります。アルコールの作用によって交感神経の活動が活発化されるため、一時的に心臓に送り込まれる血液の量が多くなり、 鼓動も早くなってしまいます。これを続けると心臓が耐えられなくなって心筋梗塞等を引き起こす危険性があります。 更にアルコールは腎臓によって分解されますが、その時に大量にマグネシウムやカルシウムが使われるので高血圧症状を引き起こすといわれているのです。

毎日飲酒していた方が急に禁酒をすると一時的に血圧が上昇します。しかしこれはあくまでも一時的なものなので、 それを続けることによって数日で血圧が安定するとも言われているのです。高血圧症状の方が1日に飲酒できる量はビールで大瓶1本、 焼酎ならお湯割りでコップ1杯程度となっているので気をつけるようにしましょう。
楽しみながらのお酒は確かに良いですが身体のことも考えないといけないので特に高齢の方は注意して下さい。